インフルエンザ予防薬のタミフルとは、抗ウィルス薬のひとつです。
このタミフルの約7割は日本で使われています。
インフルエンザ予防のタミフルが処方されるには条件があります。
まず原則として、インフルエンザ感染症を発症している患者と同居や家族者。
あるいは共同生活を送っている者に限ります。
他にも慢性呼吸疾患、慢性心疾患などの方や代謝性疾患、腎臓機能障害の方です。
医療機関などで、タミフルが一度に処方される分はおよそ10錠程です。
インフルエンザ予防のタミフルは、健康保険にも対応しています。
ですから、タミフル 値段は1100円くらいです。
このタミフルはおもに9歳以下の小児と、60歳以上の高齢者にシェアが高いです。
その理由としてあげられるのは、タミフルはドライシロップという服用しやすい剤型であることです。
またこのタミフルは、小児が対象でもあります。
それには、これまでの使用経験をふまえての推測があります。

一定の評価がある薬ということから、タミフルが優先されているのです。
そして高齢者に対しても服用しやすい経口剤としての判断がなされ、タミフルはシェアが高いインフルエンザ 予防薬とされています。
最近ではタミフルの主原料でもある香辛料の一種、ダイウイキョウの市場価格が急上昇したことで知られています。
中国では毎年3月~5月に収穫され、乾燥させたものを八角と呼びます。
このダイウイキョウは香辛料や健胃薬として用いられます。
また世界シェアの80%は中国占めると言われています。
タミフルの主成分であるダイウイキョウの市場価格が沸騰したことにより、卸価格だけでも約30%の高騰が見られました。
上記のことから、今度新型のインフルエンザが流行するとますます市場価格が高騰する傾向にあります。